腎臓病食は宅配を利用するとお得|食を楽しもう!

食事で血圧をコントロール

医師と男性

食事による血圧管理

高血圧は加齢や先天性が原因の場合もありますが、多くの人はストレスや生活習慣よって引き起こされる事が多い症状です。高齢になると高血圧になりたくないからと塩分を控える人もいますが、控えすぎてしまうと体が冷えやすくなることと、ナトリウムやカリウムなどのミネラルが不足してしまうため適度に摂取するほうが良いです。日本では成人の1日の塩分摂取量を8g未満にするという目標を掲げていますが現状では塩分過多の状態が続いています。WHOでは成人1日あたりの塩分摂取量を5g未満と定めているため日本の摂取量がいかに多いかがわかります。高血圧の場合、食事療法では使用する塩分を出来る限り抑えるようにしていきます。また、食べるときには良く噛むよう指導されます。噛むことにより満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を得ることができるようになります。また、食事療法では量も管理していきます。出来るだけ多くの食材をまんべんなく食べることで栄養の偏りを防ぐとともにしっかり食べることで睡眠の質も上げることができます。

出汁を活用した食事

食事療法の要になるのは日本で昔から活用されてきている出汁です。昨今、出汁を取る人が減ってきていますが出汁を取るにはとても簡単です。また、醤油と出汁を1:3〜5くらいで割ったものをスプレーボトルに入れて出汁醤油を作っておけば塩分を効果的に制限することができるようになります。その他にレモンをうまく活用することで塩と同じような効果を出すことができます。レモンにはクエン酸が含まれている為疲れを効果的にとることもできます。出汁をうまく活用していくことで普段の食事が味気ないものではなく素材を楽しめるような食事に変わっていきます。塩分は太りやすい原因にもなります。食事療法により偏食気味で太ってしまった体も高血圧治療のための食事制限と塩分制限の恩恵により細く健康的になることができ、痩せる人も多くいます。